カードローンの審査落ち

お金を借りるためにカードローンを利用する人は多いです。カードローンなら保証人や担保不要で、様々な用途に利用できます。しかも融資までの時間もそれ程かからないので、急ぎでお金が必要だという人にも役に立ちます。しかし、カードローンを契約するためには審査があります。

 

 

お金の融資に関する審査なので、年収が高く、雇用が安定していなければいけないと思うかもしれません。しかし、カードローンの審査はそれ程厳しいものではありません。それでも審査に落ちる人もいますが、いくつかの特徴があります。いくつかの条件の1つでも当てはまる人は要注意です。

 

審査落ちする人の特徴とは

審査落ちしやすい人には特徴があります。

 

1つ目の特徴として、他社で借入れがあると審査は厳しくなります。他社ですでに借入れしている場合、返済の労力も2倍になります。それだけ求められる返済能力も高くなってしまいます。また、すでに他社で借入れしているのであれば、余程お金に困っていなければ2社、3社とは申込みをしません。1社のみの借入れでは足りない位お金に困っていると見られてしまいます。

 

2つ目の特徴として、今まで返済関連が遅れた経験がある人も厳しくなります。例えば他社のカードローンで返済が滞っていると、審査には通らないでしょう。現在遅れがないとしても、過去に度々返済が遅れていた場合、これも審査は厳しくなります。過去も含めて返済の遅れがある人だと、今回もきちんと返済してくれないのではないかと疑われ、審査に影響を与えます。

 

3つ目の特徴として、収入がない人も審査に落ちやすくなります。カードローンを契約するとお金が借りられますが、当然返済も行わなければなりません。その為、収入が全くない人はカードローンを契約できません。また、年収が高い必要はありませんが、あまりに低いと契約は難しいでしょう。一般的なフルタイムの給与位あれば問題ありませんが、フリーターやパート、アルバイト収入のみの場合、審査も厳しくなります。

 

一応は消費者金融であればアルバイトなどの方でも借りられる可能性がありますが、消費者金融の中でも審査基準が比較的厳しくなっているといわれるモビットの審査条件では、借りられない場合も多いので注意が必要です。

 

申し込み前には審査の基準を通過できるかを確認するようにし、無駄のない申し込みを進めるようにしてください。

 

審査に通りやすいカードローンとは

もしも審査に落ちてしまうのが不安であれば、審査に通りやすいカードを選んでおけば安心でしょう。カードローンは大きく消費者金融と銀行系に分類されます。消費者金融は対応スピードが早く、申込みから融資までがスムーズです。その上審査もそれ程厳しくないので、確実にお金を借りたいという人が多く利用しています。

 

銀行系のカードローンは金利が低く、少しでもお得に借りたい人が多く利用しています。その代り金利が低い分審査が厳しいと言われています。審査は厳しければ、それだけ時間がかかる可能性も高くなります。銀行のカードローンの場合、審査が長引いた上に、落ちてしまい時間を無駄に過ごすリスクもあります。

 

審査に通りやすいのを重視するのであれば、消費者金融を選んだ方が確率は高くなるでしょう。ただし、消費者金融には総量規制という法律が適用されているので、年収の1/3を超える金額の貸付けを行いません。消費者金融を申込む時には年収と申込み金額に注意しましょう。

 

審査に落ちても申込んではいけない闇金

銀行や消費者金融のカードローンは、審査に通らなければお金を借りられません。その為、審査に落ちてしまうとショックを受けますが、別のカードローンに申込んだらあっさり審査が通るケースもあります。もしも落ちてしまっても、審査が厳しくないと言われている消費者金融で申込みしてみましょう。

 

審査落ちしたからと名前を聞いたこともないようなところで借りようとする人もいますが、大手以外だと違法な闇金業者である可能性があります。リスクが高いので申込みは避けた方が賢明です。

 

やはり借りるなら大手の誰もが知るプロミスで借りることを中心とした選び方が安心で、悪徳業者などに捕まらないためには大手でのカードローンキャッシングを利用するのが無難なのです。